中島健人はジャニーズの岡村靖幸である論

話題にするタイミングをすっかり見失っておりましたが、今年もSexy Zoneちゃんのサマパラ in TDCが開催されますね!セクゾは箱推し傾向な私ですが、やはりイチ推しは中島健人さんであるので、彼のソロコンは必ずやスケジュールを調整しドラえもんを強請りどこでもドアを強奪してでも行く所存です。健人くん、先日発売されたテレビ誌にて「今回のソロコンは前回とはかなり変える予定。雰囲気的にはCANDY&ADULTで…(以下略)」と仰っておりましたが、冷静に考えてCANDY&ADULTってなんだろう…(^.^)?と、頭からピンボールのように飛び出たはてなマークの回収に奔走出来たのも束の間、お次は畳みかけるように#Honey♡Butterflyというコンサートタイトルが発表され、頭がティファールより速くフットーしたオタクは私です。いつも思うけど、SNSはやっていない(ということになっている)ジャニーズたちがこういう風にタイトルにハッシュタグを盛り込んだり、歌詞にタイムラインという言葉を入れてみたり、はたまたコンサートでリツイートと発言したりするの、メタの極みって感じがして非常に興奮します。

とにもかくにもこの夏はJUMPのアルバムも出るしツアーも始まるし、極め付けにはこのサマパラということで、気分はもう盆と正月とクリスマスが一気に来たような心地です。今年はサイコーの夏が過ごせそうですね!(※ただし屋内)

*

さてものすごく唐突に話は変わりますが、皆さんは岡村靖幸いう人物をご存知でしょうか。私の敬愛するアーティストの一人であり、近年はSMAP×SMAPに出演したりBaseBallBear小出祐介さんとコラボして楽曲を発表するなど世間への露出も多く、若いジャニオタやサブカル界隈の皆様にも一定の認知度はあるのではないかという希望的観測を抱いておりますが、実際のところはどうなのでしょうか…?私の周りはリアルもネットも岡村ちゃんのファンが多いためその辺りの感覚がいまいちよく掴めないのですが、今この記事を読んでいる人の大半は知らないというテイで勝手に紹介しておきますね!そうです!今日の私はジャニオタ、特に健人くんのオタクに岡村ちゃんを紹介しに来ただけのステマ屋さんです!中島健人はジャニーズの岡村靖幸である論」なんてタイトルを付けた理由と根拠は後程しつこく語らせてもらうので、とりあえず今は騙されたと思って岡村ちゃんのことを知って下さい。騙されないから!

 

岡村靖幸(50)

通称、岡村ちゃん。職業、スーパーシンガーソングライターダンサーアイドル。あわや景品表示法に引っ掛かりそうな肩書であるが、ところがどっこい全て真実である。作詞、作曲、パフォーマンス、そのどれを取っても天才かつ唯一無二。またその齢、50と聞いて侮るなかれ。ライブでは20代顔負けのダンスを披露し、ステップを踏むたびに生まれるタイトなスーツと熟れた肉体の隙間はまさに色気のブラックホール。覗き込んだが最後、二度と岡村ちゃんという名の宇宙から脱出することは出来ない。天才ゆえに発言や煽りがブッ飛んでおり、先日大阪で行われたライブでは「大阪、ちょっと子供産んでくれる!?」というとんでもない変化球を投げて来たが、私の前にいたおじさん(推定40歳)が誰よりも速く大きな声で「はーい!!」と返事をしていた。靖幸ちゃんの前では誰もがオンナになってしまうのである。ファンのことをベイベと呼び、ライブ中はお手振り・指さし・投げチューなどのファンサを息を吐くようにやってくれ、どんな形のラブコールにだって全身全霊で応える。そのような点から私は愛と敬意を込めてアイドルと呼んでいる。ちなみに独身。国民の終身栄誉彼氏である。

 

中島健人(22)

通称、ケンティー。Sexy Zoneの最年長。Sexyサンキュー、Sexyソーリーなど何にでもSexyを付けるSexy Zoneの広報担当かつ切り込み隊長。英語の発音に厳しく、Sexyは絶対にセクスィーと発音する。サポーターを務めたバレーボールワールドカップではコメント内で「アジア」を「アズィア」と発音し、そのこだわりへの飽くなき追究心に感銘を受けた。少女漫画が大好きで、特にお気に入りは「君に届け」。握手会では靴の脱げたファンに対し「シンデレラ、気を付けて」と声を掛けたり、メンバーの佐藤勝利の18歳の誕生日に1本だけ色の違う18本のバラを贈り「今日はこのバラと一緒でお前が主役だよ」と言い放つなど、圧倒的二次元エピソードの保有者でもある。恋愛ポエムを詠んだり自分が主役の夢小説をアイドル誌に載せたりと、正統派アイドルとしての活動に枚挙のいとまがない一方、人生で最も影響を受けた漫画はボボボーボ・ボーボボであると公言し、先日のコンサートではシャーマンキングが分かるやつ、あとで全員抱いてやるよ」と発言し会場を混乱の渦に巻き込んだ。ペットはセバス(亀・女性)とボニータ(犬・女性)。

 

~共通点~

①ライブはデート、ファンは彼女

岡村ちゃんのライブはDATE(デート)です。勿論これは公式の呼び名です。コンサートという名のデートではありません。デートという名のデートです。たとえ若年性認知症を疑われたって親に泣かれたって私は声高に主張し続けます。これはデートである、と。また先ほども述べたように岡村ちゃんのファンはベイベと呼ばれます。語源はもちろんBABY。ベイベである私たちは岡村ちゃんのライブの日に「○月○日 岡村靖幸のライブ@Zepp」とは書きません。老いも若きも猫も杓子もピンクのペンで岡村ちゃんとデート・待ち合わせ場所:Zeppと記します。もし友達に手帳を覗かれ笑われたらブロック塀で殴ってもいいって最近鳴き出したセミも言っていたので、皆さんも岡村ちゃんとデートの約束を取り付けた際には積極的にデートと手帳に書きましょう。

そして私はあいにく映像でしか見ていませんが、我らが中島健人さんも去年のソロコンLove Ken TVにて、真っ黒なスーツにハットにグラサン、そして手にはバラの花束という鮮烈な出で立ちで登場し、コンサート中にこう言いました。「みんな俺のこと好き?今日はデートだよ!今日は付き合って初日、よろしくね!」と…。この言葉に岡村ちゃんを重ねて見たのは私だけではあるまい。また「今日17時(※開演時間)からでしょ?デートだから17時1分に着くと遅刻になっちゃうの。だから俺、16時50分に楽屋を出た。」と語ったというレポを見た時は、今後のジャニーズの未来の明るさを確信し、事務所の方角に向かって祝杯(アサヒスーパードライ)を上げた。

 

しかし、このコンサート=デート論はかの手越先輩(NEWS)も既に提唱済みであるので、この共通点だけで二人の類似性を裏付けるのはやや心許ないです。なので、次は私が二人に最も強く同じ遺伝子を感じた点について述べます。

 

②自作の歌詞に自分の名前を入れちゃう

中島健人、その人を語る上で決して避けては通れないあるひとつの楽曲があります。ある時はケンティーガールズの心に冬場のカップルのようにぴったりと寄り添い、またある時は我々と彼とが共に目指すべき目的地へと正しく導くコンパスの役割をも果たす、そんないたいけなオタクの聖書的楽曲とは…この曲!

www.youtube.com

【CANDY ~Can U be my BABY~ 作詞:中島健人 作曲:Samuel Waemo】

時間が無い人は冒頭10秒だけでいいんで聴いてみて下さい。速攻出てくるから。LOVE KENTY!って。これ注目すべきは作詞が健人くん本人なところなんですよ。開始10秒で自分の名前(しかもあだ名)を叫ばせる曲、この曲以外に存在します?ウィダー10秒チャージに勝るとも劣らないエネルギーかつコスパですよ。全部聴いてもらえるとお分かり頂けると思いますが、LOVE KENTY!以外のところもかなりトんでます(全詞はコチラ)。中盤、I'm loveholicという中1の英語の教科書で見たThis is a penばりに単純ゆえに難解な英文も出てくるのでそちらもお聴き逃しなく。

私はそもそも岡村ちゃん→健人くんの順番でハマった身なんですが、岡村ちゃんにも自分の名前の入ってる曲があるんですよ。「靖幸にベッドでラブソング(いじわる)とか「靖幸ちゃんが寂しがっているよ(家庭教師)とか、初めて聴いた時はあまりのショックに脳天がカチ割れ、世界が崩れ落ちる音がしました。だって普通、自分の曲に自分の名前入れます?ラブソングにしろ応援歌にしろ、多くのアーティストはそこに"僕"や"私"などの代名詞を入れ、個人的な経験をがんばって普遍化し、より多くの人の共感を得ようとしているのにそこに突然の靖幸ですよ。世界にどれだけ靖幸という名前を持つ人がいるのかは分からないけど、そんなに多くないことは確かです。この歌詞を初めて読んだ時、天才ともなると共感や普遍などの次元の中で創作活動を行なわないのだな…と打ち震えた記憶があります。そしてその数年後にCANDYと出会い、「え!?ここにもいた!?」と二度目の脳天カチ割り劇を終え、反射的に岡村ちゃんを脳裏に浮かべたのでありました。もしかしたら岡村ちゃんと健人くん以外にも自分の名前を歌詞に入れちゃう系の人は存在するのかもしれませんが、少なくとも現時点ではこのお二方以外知らないのでもしいたら是非教えて下さい。

 

③ピアノが弾ける(弾き語りが出来る)

①②に比べたらややインパクトに欠けるかもしれませんが、これって結構重要なことだと私は考えています。極論ですが、①②って本人や周りにその気さえあればそういうキャラ設定の下で売り出すことだって出来ちゃうわけです。いずれ必ずボロは出るだろうけど、付け焼刃でも表面上はなんとか通用してしまう。でもピアノって一日二日じゃ決して習得しえない技術だし、上達するには本人の「ピアノが弾きたい、歌いたい」という意志と努力が不可欠です。なので、ピアノ、ひいては楽器が出来るという特性は個人的にパフォーマンサーとしての信頼度が非常に高い項目です。そういう努力があるという事実を踏まえた上で聴く弾き語りって本当にロマンティックなので、好きな歌手が弾き語りしているのを見ると改めて惚れ惚れしてしまいます。そりゃ西田敏行もピアノ弾きたくなるわけですよ。あとピアノってよっぽど自ら音楽を志さない限り、幼少期の親の教育方針や育った環境がかなり作用してくる楽器だと思うので、"ピアノが弾ける"というのはある種生まれ持った才能だなぁとも感じます。

 

④女性という生き物に対する憧れ

岡村ちゃんといえば90年代に女子高生による援助交際が問題となった際、「女の子が自ら身体を売ってお金を稼ぐこんな時代に、どんな恋の歌を書けばいいのか分からない。大好きだった女の子のことが理解出来なくなってしまった。」という理由からスランプを起こし、創作活動を一時中断してしまいます。ほか、曲中でも「女の子ってか弱いもんね だから庇ってあげなきゃだめだよ できるだけ」と歌うなど、彼の女性という生き物に対する憧れは並々ならぬものであることが窺い知れます。健人くんもインタビューで「(好きな人には)パスタとか作ってみたい!あと、彼女にはパンケーキを作ってあげたいですね。なんかね、甘いものを食べている女の子を見るのが好きで。食べてるその姿が、甘い、みたいな。」と話したり、「女性の心はすごくデリケートだと思う。まさに、ガラス。綺麗だけどものすごい壊れやすい。でも、ガラスって大切に扱えば輝き続けるし、ずっと美しい状態でいることができるんじゃない?女性の心もきっと同じなんじゃないかな。ずっと抱擁してあげなきゃ輝くことができないと思うんだ。」と語るなど、その理想像の強度はまさにLady ダイヤモンド級。あと健人くんは女の子の足には毛が生えないと思っている。そして脱毛サロンが儲かった。

 

⑤絶妙な「マジ」使い

小ネタ(またの名をこじつけ)にはなりますが、岡村ちゃんの"ア・チ・チ・チ"という曲の中に「やべえな、えっマジ?」という歌詞があります。そして健人くんが作詞を務めたソロ曲"Black Cinderella"の中にも「守るよ?マジ。」という一節があります。今時マジなんて日常語、歌詞に入れるアーティストなんてごまんといると思いますが、両者の歌詞としての言葉のチョイスには似通ったユーモアを感じます。他にも岡村ちゃんには「どぉなっちゃってんだよ」や「もうメッチャむこうみず」といった歌詞が含まれる曲がありますし、健人くんのソロ曲"Mr.Jealousy"には「アタマニキタ。」や「ガチふざけんな。頼む」という2016年度ジャニーズ・パワーワード賞大賞に最も近い位置にあると噂されている歌詞があります。もちろん二人ともいつもこのような歌詞ばかり書いているわけではありませんが、話し言葉の感覚をそのまま文字に起こしてメロディに乗せるセンスと思い切りの良さには共通するものがあるように思います。

 

☆番外編☆ ~岡村靖幸木村拓哉中島健人

これは岡村ちゃんのファンになってから知ったことですが、世の中には岡村靖幸木村拓哉は似ている、木村拓哉の元ネタは岡村靖幸であるといった論が存在するようです。実際にGoogleの検索ボックスに両者の名前を打ち込むと、続くサジェストで「似てる」と出てきます。確かに若い頃のキムタクの映像を見ていると歌い方や仕草などが似ているような気もします。キムタク側からそのような明言がないため真相はキムタクのみぞ知るといったところですが、こういう関係性ってなんだかドキドキします。

また、キムタクといえば健人くんの憧れの先輩でもあります。CANDYのC&Rもキムタクのソロ曲にインスパイアされて作ったとか。キムタクに憧れすぎるがあまりキムタクの載っている雑誌のページを舐めたというエピソードを耳にして以来、そのあまりの衝撃に海馬をやられてしまい一時は上手くモノを記憶出来ない頭になってしまいましたが、現在は快方に向かっています。平素から奇行が多めな健人くんですが、そんな彼をもうワンランク上の奇行に走らせてしまうほど憧れを募らせている先輩、それがキムタクです。

で、わざわざキムタクを引き合いに出して何を主張したかったのかというと、健人くん、岡村ちゃんにも憧れてええんやでってことです。知ってほしい、岡村ちゃんという存在を。

 

…とかなり好き勝手書き殴ってきましたが、今になって両者のファンにどう受け取られるのだろうかと戦々恐々としてきた私です。ファン歴の長い方の視点から見るとまるで見当違いなところもあるかもしれませんが、熱の上がった小娘の戯言だと思って軽く聞き流して下されば幸いです。こんなタイトル付けておいて今さらこんなこと言うのもなんですが、二人って決してイコールで結ばれる関係では無いんですよね。曲を聴いてもらえれば分かると思うんですが、岡村ちゃんは根っこをかなりこじらせた先にある純情の発露であるのに対し、健人くんはどこまで行っても真っ直ぐで透明な純情なんですよね。ただその真っ直ぐさが大気圏突き抜けて周りの惑星串刺しにしちゃうレベルの異常なストレートさなので、やはりどちらも"普通"では無いんですよ。そういう点では大いに共通しているしエンターテイナーとしてのスタンスも似ているので、まるで血液型の違う兄弟みたいだなぁと微笑ましくなると同時に、両者の類まれなる天才具合に感嘆のため息を漏らし続ける日々です。とにもかくにも言葉では語り尽くせないことだらけなので、とりあえず二人のステージングや活動を是非一度見てほしいです。

 

さて、長い前置きがようやく終わったのでついに本題に入ります。

 

健人くんにカバーしてほしい岡村ちゃん5選

1.だいすき(1988年)

www.youtube.com

一番は誰がなんと言おうと絶対にコレです。岡村ちゃんの代表曲であり永遠の名曲でもあるこの曲ですが、"ねえ 三週間ハネムーンのふりをして旅に出よう"とか"女の子のために今日は歌うよ"とか、最早ケンティーが歌ってない姿を想像するほうが難しい。もう想像するのが容易過ぎて特にコメントが出ない状態です。ぜひ一度ご試聴下さい。

 

2.イケナイコトカイ(1988年)

www.youtube.com

これ、1988年のライブ映像なんですが、よく見るとセットにバスケットゴールがあるんですよ。もちろんライブで使用するものなんですが、舞台にバスケットゴールがあって尚かつ客から疑問符が出ないステージなんて岡村靖幸かジャニーズワールドのどっちかしかないですよ。あと中盤、客席にバラの花を投げます。去年の夏、TDCでどこかの誰かも投げてましたね。…だからもうどうしたって岡村ちゃんと健人くんを重ねて見ちゃうのは許してほしい。

この曲、「週刊誌は僕らのことを知らない」という歌詞があり、スーパーアイドル健人くんが歌うとリアリティが出ちゃうので、果たしてジャニーさんからカバーの許可が降りるかどうか今から気を揉んでいますが、現在のところ健人くんが週刊誌にすっぱ抜かれたのは遊戯王カードに150万円つぎ込んでたことくらいなので特に問題ないだろうという結論に至りました。

 

3.Vegetable(1990年)

中島先生が作詞作曲を務めたソロ6作目の「カレカノ!!」において、"「私のチョコタルト食べたでしょ!?」上目遣いの子猫ちゃんはたまに怒る時もある"という現在市場に出回っている全少女漫画の激甘セリフバトルロワイアルをしたところでこの一節の前では全て即死するようなとんでもリリックをぶち込んで来た健人くんですが、そんな歌詞に唯一対抗出来るのがこの"愛犬ルーと散歩すりゃストロベリーパイ あの娘が手に持ってやって来る"という歌い出しを誇る「Vegetable」なのではないでしょうか。ちなみに岡村ちゃんにカバーしてほしい健人くんの曲を挙げるなら絶対に「カレカノ!!」です。岡村ちゃんから恋の単位が欲しい!

 

4.彼氏になって優しくなって(2014年)

www.youtube.com

この一人称構図の映像、どこかで見たことありませんか? そう、あの怪作"JMK 中島健人 ラブホリ王子様"です。深夜といえどあんな番組が地上波で放送されていたことが未だに信じられない私ですが、事実なんですよね…。刺激が強いので動画は載せませんがYou Tubeで検索したらちょっとだけヒットするので気になる方は自己責任でご覧下さい。鼻血が出ても血は返してあげられません。詞やメロディは特筆するまでもなく素晴らしいので、PVごとまるっとカバーしてほしい。

 

5.Lion Heart(1988年)

去年のソロコンで健人くんがカバーしてたSMAPのらいおんハートとは何の関係もございません。びっくりするほど何の関係も無い。ただ単純に私が好きな曲なので、健人くんには是非真っ白なグランドピアノでこれを弾き語りしてほしい。酔っ払うと周りにウザ絡みしちゃうと噂の健人くんに「今日はどんなお酒でも酔えないよ」って歌ってほしさだけで一升瓶空けられる(私が)。

 

記事の尺上、断腸の思いで5曲に絞りましたがまだまだカバーしてほしい曲が山のようにあるのが現状です。なんか書いてるうちにカバーしてほしいというか、逆になぜ今の今まで1曲もカバーされていないんだろう?という気持ちが強くなってきたイケナイオタクです。絶対ハマるのになぁ。もし今後、岡村ちゃんから健人くんに楽曲提供なんて日がやって来て幸運にもその瞬間に立ち会えるのならば、来世はドブ水の最下層に沈殿する砂利になっても構わないくらいの気持ちで生きています。とりあえず今は健人くんのCANDY&ADULTなソロコンの成功を願ってこの妄執に塗れた日記を終わります。