今から本気でSexy Zoneを紹介します

最近、気付いてしまったことがある。

この間、何となくブログの検索ワードを見ていると、そう少なくない数の人が"Sexy Zone 売れない"というショッキングな検索語句でこのブログに辿り着いていることに気付いてしまったのである。私は愕然とした。だって泣く子も黙るジャニーズ事務所からデビューしていて、新曲が出るたびにMステに出れて、映画の主役を張れるほどのメンバーのいるグループが、"売れない"と一蹴されるなんて芸能界とはなんて厳しい世界なんだろう、と。確かに、今やお茶の間で見ない日はない嵐や、飛ぶ鳥を落とす勢いの快進撃中のJUMPに比べると知名度や数字面では見劣りするかもしれない。それにしても"売れない"とまで評価が下がるとはあまりに衝撃的だった。でもちょっと待ってくれ。悪いがSexy Zoneは絶対に売れるのである。百歩譲って"今は"売れてないにせよ、いずれ必ず売れるのである。理由はたくさんあるが、絶対に売れるのである。売れるったら売れるのである。失意の底に沈みながら、なぜ世間においてこのような"売れない"もしくは"売れてない"という認識が発生しているのか考えてみると、単純に彼らの内面についてあまり知られていないことが原因なのではないかという至極明快な結論に至った。「知られているのに売れてない」と、「知られていないのに売れてない」には大きな差がある。離婚以前とそれ以後の高橋ジョージが歌うロードくらい意味合いに差がある。何でもないようなことが幸せだったのだ。

…ということで今日はSexy Zoneって名前は知ってるけど、イマイチどんな人がいるのか知らない」というあなたに向けて本気でSexy Zoneを紹介しようと思います。ただし私もまだ彼らを深く追うようになって1年弱の新参者のため、所詮概略程度のことしか書けません。なので映画館で流れる予告を見る時くらいの軽~い気持ちで読んで頂ければ幸いです。ではいきます!セクシースタート!!

 

 

そもそもSexy Zoneってどういう意味?

今うっかり「股間でしょ?(笑)」と言った人、これまでそれを口にしてきた人の数と同じ数だけタンスの角に足の小指をぶつける呪いをかけたのでくれぐれも足元にはご注意いただきたい。という悪質な冗談はさておき、このSexy Zoneというグループ名についてであるが、マイケル・ジャクソンのような男らしいセクシーさと魅力を兼ね備えたグループになるように。」というジャニー喜多川社長直々の願いが込められた、決して国家ぐるみの下ネタなどではない、れっきとした意味のあるグループ名なのである。なので、メンバーの選出基準は専らマイケルのような"男らしいセクシーさ"を備えているかどうかだった。確かに2ndシングル"Lady ダイヤモンド"の衣裳では、マイケルのトレードマークである白い手袋を嵌めていたり、革靴から白い靴下を覗かせていたりと随所にマイケルを意識している様子が伺えるが、それ以降すっかりその設定はおざなりとなっているのが現状である。

また、初めてこのグループ名を伝えられた時の各メンバーの感想は、佐藤勝利(当時14歳)「超クールだと思った」中島健人(当時17歳)「ジャニーズだから何でもアリっしょ!」菊池風磨(当時16歳)「多感な時期だから戸惑った」松島聡(当時13歳)「セクシーな…ゾーン…!?」であったとファンミーティングの中でそれぞれ明かしている。そして、11歳というジャニーズ史上最年少でデビューを果たしたマリウス葉「興味深い」*1というあらゆる煩悩から解脱した釈迦のような感想を抱いたという。

 

 

メンバー紹介

f:id:qollyanna:20111116181953j:plain

少し古いですが、見覚えのある人も多いであろう彼らのデビューシングル「Sexy Zone」のジャケットを使ってメンバーの紹介をしていきます。

 

佐藤勝利(20) ※下段中央

東京都出身/A型/169cm

通称、勝利・しょりたん。我らが不動のセンターで永遠の0番、そして顔面国宝である。古今東西の美少年を吟味してきた美少年マイスターのジャニーさんに「ユーは特別カッコいいよ」と言わしめたという逸話はオタクの中であまりに有名である。先日、人工知能で顔面の点数を計測したところ、94点という製作者もビックリの点数を叩き出したが、「もはや残りの6点は何をマイナスされたの?そもそもいつから100点が満点だと錯覚していた?」と十分すぎる高得点に飽き足らない貪欲なオタクが世界のあらゆる満点の基準を94点に改変しようとするプチパンデミックが起きた。そんな万邦無比の美貌を持つ彼だが、自分の美しさにあまりご興味が無い様子で、壊滅的に自撮りが下手。多分私のおじいちゃんのほうが上手だと思う。また、グループ内唯一のツッコミというか貴重な普通の人*2で、毎時500kmの速度で隕石のように降り注ぐボケを端から拾い上げていく姿はまるでSexy Zoneのリベロ。他のグループならその美貌から黙って息をしているだけで役満だったであろうに、深刻なツッコミ不足に悩まされているSexy Zoneではそうはいかないのである。働かざる者食うべからずというか、勝利が働かないともれなく全員死ぬ(話の着地点的な意味で)。華奢で儚いTHE・美少年な容姿にも拘わらず、時折そこに肝っ玉オカンの姿を見てしまうのはそのせいだろう。また、顔の美しさに注目が集まりがちだがスタイルもとんでもなく良く、どんな衣裳でも似合ってしまう。だけどファッションには無頓着で、チェックシャツとジーパンがあればどこにだって行けちゃう車とギターが大好きなごくごく普通の男の子。…だったはずなのだが、最近はメゾンキツネというおしゃれブランドを着ている姿が散見されるようになり、オタク達は喜びの余り赤飯を炊いた。

 

中島健人(22) ※上段右

東京都出身/A型/176cm

通称、健人・ケンティー・中島ァ。Sexy Zoneの最年長でグループの宣伝隊長。天性のアイドルでアイドルの天才。現在の趣味は「生きること、人を愛すこと」*3。その類稀なるアイドル性からミッチーやオザケンの系譜を唱える者も少なくないが、個人的には岡村靖幸と同じ血を感じる(→中島健人はジャニーズの岡村靖幸である論)。先日、有吉から「結婚詐欺師」との有難いあだ名を賜ったが、あれは誤りである。彼は本当にファン一人一人と結婚しようとしているのである。しかも一夫多妻制などではなく、本気で一人一人と結婚しようとしているのである。ひとたび彼が「君だけを愛してる」と言えば、それはもう全国津々浦々に点在するたくさんの君だけを愛しているということなのである。そろそろ私の精神状態が疑われてきそうなのでこの話はもう切り上げるが、彼に詐欺を働こうとしている気なんて露ほども無いことだけは知っていてほしい。ただ単に日本の法整備が追いついていないだけなのだ。そして、今やすっかりラブホリ・神対応・次世代王子などかなり甘い属性で名を馳せているが、それらはまだ彼の数ある引き出しのうちの一段目に過ぎない。そこはまだポケモンでいうところのマサラタウンである。キラキラ王子様という世間のイメージとは裏腹に、実際はかなりのオタク気質で守備範囲はギャグ漫画から少女漫画までと幅広い。特に遊戯王に対する愛情は深く、バージョン違いのブルーアイズ30種類以上(推定100万円以上)を曼荼羅のようにして自宅の壁に飾っている。「ブルーアイズは金額ではなく愛だから。」という謎の名言も残しており、その執心ぶりはその筋のオタクの方々からも一目置かれるほどである。また、一人っ子ゆえか独自の世界観が強く、何の脈絡もなく突然現在の感情をラップで表現したりしだすので片時も目が離せない。趣味でポエムを綴っていたことや自身が登場する夢小説を執筆していた経験などが活きているのであろう、ソロ曲では他の追随を許さないハイセンスなリリックを披露してくる。(参考資料:カレカノ!!)

 

菊池風磨(21) ※上段左

東京都出身/A型/178cm

通称、風磨・ふーちゃん。またの名を爆モテ番長。セクゾは色んな意味で全員浮世離れしているので、他のグループに一人はいるリア恋枠要員というものがなかなか定めにくいのであるが、ギリギリ捻出するとしたら彼である。ある雑誌で、"海に行くのに化粧してくる女子"についてトークしていた時のこと、風磨以外のメンバーが「どうせ落ちるんだからしてこなくてもいいのにね〜?」という身の毛もよだつ意見を交換する中、彼一人だけ「分かってないな~。頑張ってしてきたメイクが取れないように努力してるその姿にキュンとくるんじゃん。」と最終問題一発逆転1000点満点の回答を叩き出してきた。以前、「女の子の足は毛が生えなさそうでいいね!」と発言し、その場にいた女性陣の顔を一瞬にしてゴルゴ13に変貌させてしまった前科持ちの某健人さんとはワケが違うのである。そんな爆モテ大魔王は現在も学校に通う現役の慶應生であり、聡明で頭の回転が速く、ウィットに富んだ当意即妙なコメントを返すのが上手い。語彙力も豊富で「のれんに腕押し」などの慣用句をさらっとインタビュー中に使ったりするので軽率にときめく。しかし緊張しいなのか、クイズ番組ではまだその真価を存分に発揮出来ておらず、オタク的には非常に歯痒い。近年はこのインテリキャラと既存のやんちゃキャラの二枚看板を背負って立つようになったが、メンバーの中では頼れるお兄ちゃんキャラであり、弟組からの懐かれ度は抜群。そのパリピ感漂う風貌や女性の扱いに慣れてる感からセオリー通りのリア充趣味なのかと思いきや、好きな映画は「愛のむきだし」だったり、ジャニwebで「刹那ルツブヤキ。」(原文ママ)というオタクをカイジ並みにざわつかせたネーミングの個人コーナーを持っていたりと、一筋縄ではいかないデンジャラスな側面も持ち合わせている。

 

松島聡(18) ※下段左

静岡県出身/A型/168cm

通称、聡ちゃん・松ちゃん。カピバラに似ている。本人も「昔からテレビで見る度に他人とは思えなかった」と語ったり、一緒にカピバラを見に行ったお父さんにも「おお、聡がたくさんいるぞ」と言われるなど、そのそっくりレベルは家族公認である。「鼻の長い動物といえば?」という問いにも速攻で「カピバラ!」(正解:象)と答えるあたり、もはや聡ちゃんにおけるカピバラの地位はインドにおける牛と同等といえよう。そんなカピバラフェイスのキュートな彼は、ジャニーズ大好き!イケメン大好き!な生粋のジャニオタであり、我々と最も近い感情を共有出来る人物でもある。ジャニwebで連載中のブログの充実度はセクゾ内は勿論、全タレントの中でも群を抜いており、非常に読み応えがある。特に魂レポの熱量は筆舌に尽くしがたく、幾多の死線をかいくぐってきた歴戦のジャニオタでさえも、聡ちゃんのブログとジャニオタのはてなブログを見分けるのは冬場の風磨くんと雪見だいふくを見分けることくらい困難であるという。また先ほどカピバラに似ていると書いたが、ここ2~3年の聡ちゃんは「人間の顔ってこんなスピードで整う!?」というレベルでカッコよくなっており、見るたびに美しくなっている。マジで。ここだけの話、あの有名な「松島や ああ 松島や 松島や」という句は実は景色の美しさを詠んだものではなく、聡ちゃんの健やかな成長に感動した江戸時代の歌人が衝動に任せて詠んだ歌なのだ。オカルト好きの友人に最新のオーパーツとして教えてあげると喜ばれるだろう。さて、そんな美しさの最大瞬間風速を毎時更新し続けている聡ちゃんであるが、中身もすごい。この歳になるまでうるう年の存在や薬指がどこの指のことを指すのかを知らずに生き伸びてきたスーパーサバイバーであり、"やはり彼らと我々は生きている世界線が違う説"をより濃厚にしてくれる有難い存在である。

 

マリウス葉(16) ※下段右

ドイツ出身/O型/179.2cm(自称)

通称、マリウス・マリ・マリちゃん。本名、マリウスシュミッヒ葉成龍ユリウス。人の本名を知ってこんなに衝撃を受けたのは実にピカソ以来である。元タカラジェンヌの母親の影響もあり彼自身も本当は宝塚に入りたかったそうだが、性別の壁があるため断念。その後ジャニーズ事務所を目指し、2011年にめでたくデビュー。「震災で悲しい気持ちになっている日本のみんなを幸せにしたい」との思いを胸に遥々ドイツから日本までやってきたモノホンの天使である。その当時まだ11歳というのであるから更に驚きである。そんな幼かったマリウスも今ではもう16歳になり…え?まだ16歳??そう、彼はまだ16歳のピッチピチの現役高校生なのである。以前、「10年後はどんな自分でいたいですか?」とのファンの質問に「僕10年後もまだ26歳だ」と答え、お姉さま方の額に青筋を走らせたことが記憶に新しいが、彼は天使なので裁かれない。完全治外法権なのである。年齢はグループ内で一番若いが、身長は180cm*4とメンバー内で最も高く、足のサイズは29cmにもなった。ついに一般の靴屋に置いてあるサイズでは間に合わなくなり、現在は五反田の相撲取り御用達のお店で靴を買っている。また、ドイツにある実家は敷地面積およそ1100平米の大豪邸で、食べ物専用のエレベーターや50畳のリビングがあったりとなんかもう色々とすごい。存在があまりに異次元のため事務所側も無問題と判断したのであろう、地上波で異例の実家公開に踏み切った実家公開系アイドルでもある。現時点で既にドイツ語・英語・日本語を話せるトリリンガルであるが、現在は中国語も勉強しており、マルチリンガルになる日もそう遠くない。他にも、お肌のお手入れにはスチーマーを用いたり、お菓子作りを趣味としたりするなど女子力男子としての頭角もメキメキと現しており、様々なことをひっくるめて少女漫画5誌分くらいの設定を一人で背負っている若き天使、それがマリウス葉である。

 

 

とにかく曲がいいよ!Sexy Zone

「曲がいい?ジャニーズの曲なんてどれもこれも同じ、似たり寄ったりでしょ」とお考えの方が世間には数多くいるのではないだろうか。何を隠そう、以前の私もそうであった。しかしいざジャニオタになってみて彼らの楽曲をよくよく聴いてみると、グループの構成や個性によって曲の傾向が全く異なることが分かった。

我らがSexy Zoneの楽曲は健人と風磨の芯のある情緒豊かな歌声を屋台骨とし、そこに新雪のようにふわりと溶ける勝利の中和剤的な歌声、聡の澄み渡ったアクのない歌声、マリウスの高くスパイシーでアクセントのある歌声が重なり交わることにより展開される。歌唱力の高い二人を基軸として2:3というバランスの良い構成で歌えばどんな面白くない曲でもとりあえずサマになってしまうのだが、提供される楽曲にハズレがほぼ無いという状況なのだから鬼に金棒、マリオにスター状態なのである。

まぁ百聞は一見に如かずというので、とりあえずこれを聴いてみてほしい。

www.youtube.com

炭酸の弾けるような軽やかなシンセで幕が開ける、とにかくアイドル!とにかくかわいい!な「スキすぎて」、力技としか思えない支離滅裂なメロディー構成(ただしめちゃくちゃ中毒性が高い)と"ミーギ右ミーギを見て ついでにボクを見て"というトンチキリリックのハーモニーが香ばしい「ぶつかっちゃうよ」、セクゾきってのゴキゲンナンバー「Hey you!」の3曲から成る短いメドレーであるが、これらの曲だけでいかにセクゾがキャッチーで質の高い楽曲に恵まれているかがお分かり頂けるだろう。

余談だが、「Hey you!」には"君はハンバーガーでボクはスウィーツ"という「普通、逆じゃない?」と思わず首を傾げたくなるような歌詞がある。セクゾと切っても切り離せないワード、"トンチキ"という言葉と共に語られがちな曲であるが、最近になって自分は大きな思い違いをしていたのではないかと考えるようになってきた。思い返してみよう、薔薇を持って歌い踊るあの鮮烈なデビュー曲「Sexy Zone」の中で彼らは"セクシー時代を創り出す 新しいAgeへ"と確かに歌っていた。フツーは男がハンバーガーで女がスウィーツだとか、フツーだとかフツーじゃないとか、そういう無粋な線引きはもう無用なのだ。そう、ここがセクシー時代なのだ。時は既に新しいAge。この新しい時代を生き抜くためには己の陳腐な杓子定規などはへし折っていかなければならない。Sexy Zoneは私たちの凝り固まった既成概念をぶっ壊してくれる、紛うことなき新時代のアイドルなのだ―――。

 

 

さて、最強の顔面強烈な個性素晴らしい楽曲に恵まれたSexy Zoneについて気持ちばかりの紹介をさせて頂きましたがいかがだったでしょうか。映画の予告くらいの軽い気持ちで見てネ!と始めたものの、終わってみれば8000字に迫る文量になっており自分でも苦笑いしています。こんな暑苦しい文章を最後まで読めたあなたはもう立派なセクゾファンです。おめでとうございます。

 

さあ!そんな我々の新しい同胞に朗報です。なんと大変奇遇なことに本日11月16日はSexy Zoneデビュー5周年の記念すべき日であり、"Sexy Zone 5th Anniversary Best"という初のベストアルバムの発売日なのです!こんなブログを書いた日になんて偶然〜!!(すっとぼけ)

余力がある人はぜひ本記事冒頭まで戻ってみて下さい。5年前、あんなに小さかった彼らは今………

 

f:id:qollyanna:20161116002822j:plain

こんなに大きくなっています(泣)。こんなジャケット、当時をろくに知らない人間でも涙なしには見れません。更に美しく・逞しく・健やかに成長を遂げた彼らの5年間の軌跡がギュッと詰まったこのベストアルバムは全三形態で発売されており、

「この子たちとりあえず顔が美しすぎるわ!なんだかんだアイドルは外見が全てに先立つのよ!ひとまずじっくり顔を見たいわ!顔よ!顔!」という本能に忠実なあなたは歴代のMVが収録された初回Aを!

「こんな個性のぶつかり稽古みたいな5人が集まったら一体どんなビッグ・バンが起こっちゃうの…?私、宇宙の始まりを知りたい!」という好奇心旺盛なあなたは”Sexy Zoneチャンネル”という彼らの初の冠バラエティの映像が収録された初回B(おすすめ)を!

「曲が気に入ったけどiTunesには無いし、レンタルショップに行くのも面倒だなぁ」という楽曲史上主義なあなたは珠玉の全24曲が2500円(期間限定スペシャルプライス)でお買い求め頂ける通常盤を!あなたは救急車を!!!あなたはAEDを!!!!

 

それでは長くなりましたが最後に皆さん、素敵なセクシーハッピーライフを!!

f:id:qollyanna:20161116023726j:plain

*1:媒体によって微妙に異なるため諸説あり。

*2:ただしたまにサイコパスっぽい。

*3:duet11月号より。

*4:本人は否定しているが恐らくとっくに越えているであろうというのがオタクの見解。