読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHBD!LOVE♡KENTY!!!

世紀のスーパーアイドル中島健人さん、23歳SHBD!!!

(ホワイトデー・イブ生まれのとびきりスウィートでキュートなキミに、日頃の多大なるLOVEのお返しの意を込めて♡という体の良い言い訳を思い付いたので、1日遅れで投稿するというこのご無礼をどうかお許し下さい)

 

SHBD…新種の薬か症候群かってくらい物々しい英単語の並びですが、これはSexy Happy Birth Dayの略です。生きとし生ける全てのセクシー国民に母子手帳と同時に配布されているはずの新明解中島辞典のSの項にバッチリと記載されているので各自ご確認下さい。ふと思ったけどケンティーが辞書編纂したらSが全体の9割を占めるだろうな。

さて、私が初めてケンティーのことを知った時、その地が割れ空が裂けんばかりの強烈なアイドル性に「この人アイドルという職業が無かったら何して生きていくつもりだったんだろう…。」とひどく失礼な心配をしたものですが、後々それは大きな誤りであることに気付きました。バレーボールから深海魚に至るまで、新しいお仕事が舞い込むたびに付箋だらけの専門書を持ち歩き、いかなることも全力で取り組み、努力することを厭わず、努力を知られることを恥じず、成功も失敗も全て自分の糧にしてしまう彼に他のどんな仕事が務まらないというのでしょう。私は「ケンティーはアイドルになるために生まれてきた人だ!」って強く信じてるけど、きっと彼はどんな道を選んでも自分の力で幸せになり、幸せを与える人になっていたと思うので、今こうして多くの人に見られるアイドルという職業に就いてくれていることを心から尊く感じると同時に感謝します。たとえもしケンティーがアイドルという職業や概念の存在しない国や時代に生まれたとしても、ケンティーのすること、それが"アイドル"になっていたに違いないとすら真面目に思うんだよね。ケンティーがアイドルになるのではなくアイドルがケンティーになる、みたいな。誕生日という特別感がこういう宗教的な考えを高揚させているのではなく、遅刻して走る朝も飲み過ぎた夜も本気でそう考えています。

で、結局私にとってケンティーってどういう存在なんだろう?と自分に問い直した時、まぁモチロン究極の彼氏♡ではあるんですが、それ以前に一人の類まれなる天才だと思っています。"天才"とかいうお湯を掛ければ猿でも作れるようなインスタントな言葉で彼のことは表現したくない気持ちは山々なのですが、ケンティーについては天才と呼ぶほかないんですよ。個人的な話ですが、私は物心ついた時から音楽・映画・漫画など、どのジャンルにおいても昔のものが好きでした(絵画以外)。戦後以降って、どの年代を切り取ってもその時代を一瞬でイメージさせるようなアイコニックな人物や心躍るムーヴメントが存在するのに、2000年以降って大方が保守的でしなびていてパッとするものがほとんど無い。ただ単に自分の感性のアップデートが間に合っていないのを時代のせいにして文句垂れてるだけなんですが、何でこんな犬も喰わねぇクソつまらない時代に生まれて来てしまったんだろう、と色んなことを最も自由に謳歌出来るかけがえのないこの青年期を2010年代というしみったれた時の中で過ごさねばならない不幸をずっと嘆いていました。そんな風にして時代に中指を立てながら生きてきた私が初めてこの時代に生まれて良かったって感じたのがケンティーの存在なんですよね。何かにつけて後追いばかりの10代だったから同時代性というものにコンプレックスに近い憧憬を抱いていたし、悔やんでばかりの私にこれ以上ない肯定感を与えてくれたのがケンティーだったのです。確かに新時代のアイドルとかそういう新奇性は無いかもしれないけど(そのポジションは赤西仁だと思ってる)、往年のアイドルたちによって敷かれたアイドルの王道を愛を持って美しく踏襲し、それを独自の感性で更新し高みにあげていくベルエポック性とエポックメイキング性の両者を兼ね備えた稀有な存在、それが中島健人という人なのです。天才とは即ち時代を築き上げる人です。こんな彼をメンバーに擁すSexy Zoneなのだから、"時代を創ろうSexy Zone"という歌詞だってただの理想論ではないって本気で思ってるんだよ。今に時代を創ってしまうからあらゆる穴かっぽじって括目しとけよ世間!という血気溢れる気持ちで日々セクゾのオタクをやっています。だって絶対売れるからァ!!!

長くなりましたが、23歳のケンティーの進む道が春の訪れのようなきらめく予感で満ちた幸福なものでありますように。何だかんだ言ったって推しが日々健康で幸せでいること、それが負けないこと投げ出さないこと逃げ出さないこと信じ抜くことより一番大事です。天才はその先駆性ゆえ時に孤独かもしれないし、進む道の先々で今までにない新しい壁にぶち当たることもあるでしょう。でも私たちケンティーガールは必要とあらばあなたのブルドーザーにもセメントにも白線にもなります。ケンティーの進む前に道はない、ケンティーの後ろに道は続く!そうでしょう?!

LOVE KENTY!!!STY!!!